コラム

イソフラボンサプリでバストアップができるって本当?驚きの効果とは

イソフラボンとは?

特にマメ科の植物に多く含まれている、苦味・辛味成分「フラボノイド」という、ポリフェノールの一種です。大豆や赤ワインに含まれています。また大豆に含まれているイソフラボンは、「植物エストロゲン」とも呼ばれており、女性ホルモンの1種「エストロゲン」と似た働きがあります。

この大豆イソフラボンは、1粒の大豆にほんの少ししか入っていないもので、全体重量の約0.2~0.4%と貴重な成分なのです。

出典:40代からの輝きプロジェクト
この図のように、大豆イソフラボンの1種「ゲニステイン」の化学構造式と女性ホルモンの1種「エストロゲン」の化学構造式はよく似ているので、働きも似ているということなのです。

特に大豆イソフラボンは、腸内で「アグリコン」という形に分解されてから、体内へ吸収されるのですが、この「イソフラボンアグリコン」というものが、女性ホルモンに代わって働いてくれるというわけです。

どんな効果が期待できるの?


イソフラボンを摂取することで得られる効果についても、ご紹介していきます。

バストアップ効果

バストにある「乳腺」が発達すると、バストの脂肪細胞を作り出してくれます。そして女性ホルモンの1種、「エストロゲン」と似た働きをする「大豆イソフラボン」は、乳腺の発達を促してくれますので、脂肪細胞を増やし、バストアップが期待できるのです。

美肌効果

肌の弾力がなくなったり、シワが増えてきたという方にもオススメなのが、イソフラボンです。というのも、イソフラボンには「抗酸化作用」がありますので、肌の弾力を維持してくれるコラーゲンが酸化されるのを防いでくれるのです。

抑毛効果

実は女性ホルモンは、男性ホルモンの1種「テストテロン」を原料にして、作られているのです。卵巣で、テストステロンが、「アロマターゼ」という酵素によって、女性ホルモンの1種「エストロゲン」に変化されます。

しかし更年期になってくると、卵巣の機能も衰え、「エストロゲン」の分泌量が激減しますので、皮脂が過剰に分泌しやすかったり、ムダ毛が生えやすかったりするのです。
その一方、「テストテロン」の分泌量はほとんど変わらないと言われています。

そこで、女性ホルモンと同じ働きをする「大豆イソフラボン」を摂取して、女性ホルモンを増やしてあげます。というのも、体内のホルモン総量は、一定レベルで保たれやすいので、女性ホルモンを増やすことで、男性ホルモンを必然的に減少させた状態にすることができるのです。

この流れが、抑毛効果が期待できるというわけです。

汗を抑える効果


汗が出る原因はいくつかありますが、その中の1つに精神性発汗というものがあります。これは緊張やストレス、自律神経の乱れによって起こるものです。この精神的発汗に大豆イソフラボンは効果的だと言われています。その理由は、大豆イソフラボンの働きの中には自律神経を安定させたり、緊張をほぐす働きがあるため、汗を抑制する効果があるとされています。

更年期障害を和らげる効果

女性ホルモンが減る閉経後は、体内にあるエストロゲンの量は一気に減るとともに、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。これによって、体重増加、高脂血症、イライラしやすいと言った更年期障害の症状が出やすくなるのです。

イソフラボンには、悪玉コレステロールを減らす作用や、骨密度の減少を防ぐ作用があると言われていますので、更年期障害を和らげる効果があります。

育毛効果

女性ホルモンは、髪のヘアサイクル、成長期→退行期→休止期の中でも「成長期」の期間を伸ばしてくれる働きがあります。これによって育毛効果が期待できます。

生理不順・PMSを改善する効果


日頃の生活習慣の乱れやストレスによって、生理不順・PMSを引き起こす可能性もあります。その原因は、女性ホルモンが乱れることで、引き起こすのです。

そこで、女性ホルモンの1種「エストロゲン」と同様の効果がある、大豆イソフラボンを、エストロゲンの分泌が優位になる「卵胞期」に摂取することで、エストロゲンを補うことができ、女性ホルモンが乱れるのを防ぐことができます。

骨粗しょう症を予防する効果

閉経を迎えると女性ホルモンが低下し、急激に骨密度が減っていきます。これが骨粗鬆症と言われるものです。

女性ホルモンの1種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝をするにあたって骨吸収をゆるやかにし、骨からカルシウムが溶けだすのを抑制してくれます。つまり、イソフラボンを摂取して、女性ホルモンの分泌を高めることで、骨粗しょう症を予防してくれる効果が期待できます。

がんを予防する効果

イソフラボンには、エストロゲンを活性化してくれる効果や、精巣や卵巣と言った生殖器から分泌される、男性ホルモンの1種「アンドロゲン」と呼ばれている、刺激ホルモンを下げてくれる効果があります。これによってがんを予防してくれる効果があると言われています。

本当にバストアップできるの?

そこでイソフラボンを摂取したことによって、バストアップ効果を感じられたという方がどのくらいいるのか、アンケートを取ってみました。

効果を感じましたか?
はい…100%
いいえ…0%

  • かなこ | 30歳 | Dカップ→Fカップ

    胸全体にハリが出ました

    バストのハリが無いのが悩みでした。飲みはじめて1ヶ月ぐらい経過した頃、乳首がチクチクするような痛みを感じ、その後は胸全体が少し硬くなったようにハリが出ました。生理前ではないのに、あたかも生理前のような症状が続きました。チクチクした痛みは程なく消えて行き、張っている感じも慣れました。

  • 寧々 | 35歳 | AAカップ→Bカップ

    バストに今まで無かったお肉が…

    高校生のころから、まな板のような平たい胸に悩んでいました。胸が豊かな友達から「肩が凝らなくて羨ましい」と言われるたびにショック。イソフラボンサプリを飲んで2~3カ月はほぼ変化なしでしたが…半年くらいから胸のハリを感じるようになりました。乳首がツンとたち、バストに今まで無かったお肉が…。感激しました。

  • まりこ | 26歳 | Bカップ→Cカップ

    バストに弾力や柔らかさもついてきた

    飲み始めて2ヶ月で少しバストが大きくなり、当時使っていたブラがキツくなりました。それからは運動や食べ物にも気を付けるようになったので、バストに弾力や柔らかさもついてきて、触り心地の良いバストになりました。

中にはイソフラボンサプリメントを摂取して、1〜2ヶ月後に効果を実感できた人や、半年経って効果を実感できた人がいるようです。このように効果には、個人差がありますが、継続して正しい量、タイミングを守って摂取することで、バストにとっていい効果が期待できるということが言えます。

効果を感じ始めたのはどれくらい?

そこで実際にバストアップ効果が期待できたという方は、どのくらいの期間で効果を実感できたのか、その結果をグラフにしてまとめました。

どれくらいで効果を感じた?
4か月〜6か月…41%
2か月〜3か月…29%
1年以上…24%
7か月〜11か月…6%

もっとも効果を感じられた期間が4か月〜6か月だと答えた方が、41%となりました。やはりバストにハリを感じることができたり、これまでよりもバスト部分に脂肪が増えさせるためにも、最低でも2か月〜3か月は飲み続けることが大事だと言えます。

まとめ

より簡単に、女性ホルモンの1種「エストロゲン」を取り入れるためにも、「イソフラボンサプリ」が大事なのか分かりましたか?
またイソフラボンサプリは、エストロゲンの分泌が盛んになる卵胞期に合わせて、取り入れることが大事です。そして、すぐに効果が出るものでもなく、最低でも4か月〜6か月は飲み続けることが大切です。継続して飲み続けることで、バストにハリが生まれ、必要な脂肪分が増えてバストアップ効果も期待できるのではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です